発毛治療で見た目年齢を下げる

img-1

見た目年齢というのは様々な条件によって変わってきます。



女性なら肌にハリが無かったり、ほうれい線が目立つ、シミやくすみがあるなどは見た目年齢を実年齢よりも上に見せてしまう原因になります。

男性なら髪が薄いことは見た目年齢をグンとあげてしまうことにつながります。



一昔前なら髪が薄くなって禿げてしまったら、かつらをかぶるしか補う方法がありませんでした。


かつらは一瞬にして髪の悩みを解決してくれるのは確かなのですが、髪の悩みそのものを解決してくれる効果はありません。



それにいくら自然なかつらだと言っても、やはりどこか不自然に見えてしまったり、何よりもかぶっている本人の意識がどこか後ろめたいものになってしまうのがデメリットです。


現在は薄毛の悩みを解決する方法に発毛治療を受けることがあります。

医療機関で受けることのできるAGA治療では多くの場合、薄毛の原因になる男性ホルモンの生成を抑える効果のあるプロペシアや、頭皮の血流を促して発毛に働きかけるミノキシジルなどの薬品を使用して行われます。



これらの発毛効果の期待できる外用薬や内服薬などを使用したり、針などを行う医療機関もあります。



その他にもクリニックによってさまざまな技術や方法によって発毛を促進させ、薄毛の悩みの改善に導いてくれます。



髪や頭皮の状態、そして薄毛の原因は人によってそれぞれに違います。



医療機関でうける治療のメリットは、その人に合わせた治療を行えるという点です。



関連リンク

img-2
発毛を阻害する原因物質

普通の人の場合は50歳くらいまでは健康的な髪の毛が生え続けるのですが、髪の毛の成長を阻害する生活習慣の人は、髪の毛が発毛しても太くなる前に抜け落ちてしまうので、細い毛が多くなってしまいます。原因となるものは多くあり、その中でもタバコは髪の毛の健康に大きな悪影響を及ぼすとされている原因物質のひとつで、ニコチンを体内で吸収することで、血管が収縮してしまうので、必要な栄養素が髪の毛に届きません。...

more
img-2
タブレットタイプの発毛剤の効果と副作用

ミノキシジルなどの成分を含む市販の発毛剤といえば、頭皮に直接ふりかけて促すというタイプのものが一般的ですが、海外では口から飲むタブレットタイプのものが流通しており、最近では個人輸入という方法を使って少量ずつ取り寄せている人も少なくはありません。このようなタブレットタイプの発毛剤は、ミノキシジルの成分が血管への吸収を通じて直接体内に届けられるため、外用タイプのものよりも強力な効果が期待できます。...

more
top