発毛剤による初期脱毛現象

img-1

市販の発毛剤としては有効成分としてミノキシジルなどの化学物質を配合したものがよく知られていますが、こうした発毛剤をせっかく頭皮に塗布したにもかかわらず、かえって抜け毛がひどくなったのではないかと思われる現象が、ちょうど使いたてのころにあらわれることがあります。



これは初期脱毛とよばれる現象で、発毛剤を使用した際には概してよく起きる現象のひとつですので、特段の心配はありません。



人間の頭髪というのは、毛がぐんぐん伸びる成長期にはじまり、いったん成長が止まってしまう退行期をはさみ、最後に髪の毛が抜け落ちる休止期に至るというサイクルで生え変わりを果たします。



したがって、毛根から新しい毛が生えるためには、現在ある髪の毛が抜け落ちる休止期を経なければならないということになります。



このため、新たな頭髪を生み出す効果のある発毛剤を使った場合には、最初の段階でこの休止期が訪れるため、かえって抜け毛がひどくなるような印象を与えてしまうのです。



このような初期脱毛がどの程度の期間継続するのかは、実のところ個人差が大きいため、明確に示すことはできませんが、発毛剤を使いはじめてから数週間ないし1か月程度というのが一般にはいわれています。



もしそれ以上に抜け毛が続くようであったり、頭皮に発疹などのあきらかな異常がみられる場合には、それは初期脱毛ではなく、薬が体質に合わなかったということが考えられますので、医師に相談したほうがよいでしょう。





関連リンク

img-2
発毛剤による初期脱毛現象

市販の発毛剤としては有効成分としてミノキシジルなどの化学物質を配合したものがよく知られていますが、こうした発毛剤をせっかく頭皮に塗布したにもかかわらず、かえって抜け毛がひどくなったのではないかと思われる現象が、ちょうど使いたてのころにあらわれることがあります。これは初期脱毛とよばれる現象で、発毛剤を使用した際には概してよく起きる現象のひとつですので、特段の心配はありません。...

more
img-2
発毛を阻害する原因物質

普通の人の場合は50歳くらいまでは健康的な髪の毛が生え続けるのですが、髪の毛の成長を阻害する生活習慣の人は、髪の毛が発毛しても太くなる前に抜け落ちてしまうので、細い毛が多くなってしまいます。原因となるものは多くあり、その中でもタバコは髪の毛の健康に大きな悪影響を及ぼすとされている原因物質のひとつで、ニコチンを体内で吸収することで、血管が収縮してしまうので、必要な栄養素が髪の毛に届きません。...

more
top