医療クリニックでのレーザー脱毛のメリット

###Site Name###

医療レーザー脱毛の1番のメリットは永久脱毛だと言われます。どうして永久に毛が生えないのかというと、レーザーの特定の波長の光をピンポイントで照射し、ムダ毛の毛根組織を破壊して、毛を生えなくするからです。このとき皮膚の状態を見ながら、医師がレーザーの強さを微妙に調節することがで、皮膚に負担をかけないように、かつ、l効果が最大になるように判断し、レーザーの照射調節をします。

毛根組織を破壊するというのが医療行為とみなされ、日本では医師免許がなければ施術できないので医療レーザー脱毛と言われます。



他にも医療レーザー脱毛のメリットがあります。



施術するのが医師であるからこそ、施術前にしっかりと皮膚の状態を判断し、万一施術後に皮膚トラブルがあったとしても、医療の専門家として適切な治療ができます。

施術を行う場所も、医療現場同様の衛生管理がしてあり、衛生面でも安心です。医療レーザー脱毛といってもデメリットもあります。

レーザーは黒い色素(メラニン色素)に反応するため、もともと皮膚の黒い人や日焼けをしている場合はやけどを起こす可能性や、色が抜けてしまう可能性があります。



またレーザーは黒い色素に反応するため、色素の薄い産毛や白髪には反応しません。


毛根組織の無い退行期の毛や休止期の毛にも効果がありません。デメリットは理解していれば、レーザー脱毛の妨げにはなりません。
日焼をしないようにしたり、休止期の毛が成長期に入り、毛が生えてきたときに2回目の施術をすることで、永久にムダ毛の処理から解放されるのです。